あこがれの海外チャペルウエディング

img-1

近年、人気が定着している海外チャペルウエディングですが、申し込みは主に専門のプロデュース会社か旅行会社で行います。

神前式情報を集めました。

海外チャペルウエディングは、ハネムーンを兼ねているのが大きな魅力です。

有望な山口でウエディングに関する特集が満載です。

専門のプロデュース会社では挙式をメインにしたプランが多く、旅行会社ではハネムーンに挙式を組み込んだ内容のプランが多くなっています。



準備期間はエリアによって異なりますが、航空チケットやホテルの手配が必要なので、挙式の6カ月前には申し込みを済ませておくのが一般的です。

ブライダルギフトについて悩んでいませんか。

海外での挙式は、キリスト教式か人前式、または現地スタイルのいずれかとなります。
民俗衣装を着て行うエキゾチックな挙式や、モアイ像の前での挙式、オーロラを眺めながらの挙式など、オリジナリティが出せる場所もたくさんあります。
海外チャペルウエディングを行う人の多くが、二人だけで、または双方の家族のみの少人数で挙式を行っています。

広島でウエディング情報ならこちらのサイトです。

お得なパックプランやツアーを利用すれば、日本でたくさんの招待客を呼んで披露宴を行うより、費用を安く抑えることができます。



ハネムーンや、家族同士の親睦旅行を兼ねていれば、より割安に感じられることでしょう。


帰国後に、参加できなかった親族や友人を招いて、披露宴や1.5次会を行う人が多くなっています。



双方の家族や親族とともに海外に行って、挙式の後に食事会などのパーティ−を行えば、思い出深い、アットホームな雰囲気の結婚式になるでしょう。



関連リンク

img-2
結婚指輪を買うにあたって知っておくと良いこと

結婚指輪は一生使うものなので、慎重に選びたいですね。2人で買いに行く前に、予算はどれくらいなのか、デザイン、素材はどんなものが良いのかをしっかり話し合いしておきましょう。...

more
img-2
結婚指輪のトレンドについて

結婚指輪は昔から男性が女性に贈る愛の証として、結婚式でも指輪交換の儀式を行うことが多いので、結婚するカップルのほとんどが用意するものになります。ひと昔前は婚約指輪が給料の3か月分といわれ、ほとんどの男性から女性に贈るものとなっていましたが、最近ではあまりつける機会がなく高額な婚約指輪を購入するカップルが以前に比べ少なくなってきています。...

more
top